ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 各種施策 > 行財政改革について

ここから本文です。

更新日:2019年1月4日

行財政改革について

行田市行財政改革プログラム各年度の取組実績報告について

市では、少子高齢化や人口減少など、社会情勢の変化に対応した行財政運営を確立し、将来にわたって安定した行財政サービスを提供するため、平成26年度から平成32年度までの7年間を計画期間とする「行田市行財政改革プログラム」を策定し、全庁一丸となって行財政改革に取り組んでおります。

ここでは、平成26年度から平成29年度の取組実績を掲載いたします。

 

行財政改革プログラム平成26年度取組実績(PDF:1,125KB)

行財政改革プログラム平成27年度取組実績(PDF:1,377KB)

行財政改革プログラム平成28年度取組実績(PDF:1,189KB)

行財政改革プログラム平成29年度取組実績(PDF:1,341KB)

市では、簡素で効率的な行財政運営を推進するため、今後とも行財政改革プログラムに位置づけた取り組みを着実に進めるとともに、改革により生み出された財源により、多様化する市民ニーズや人口減少対策など新たな課題に対応した施策を展開していきます。

 

行田市行財政改革指針を策定しました。

本市では、厳しい財政状況のなか、将来にわたって安定的に行政サービスを提供するため、さらなる行財政改革に全庁を挙げて総合的かつ計画的に取り組むこととし、今後の行財政改革の目指すべき方向性を定めた「行田市行財政改革指針」を策定しました。

本指針は、5つの基本方針と12の主要取組から構成されており、無駄のない行財政運営の徹底、複雑多様化する市民ニーズに対応できる課題解決力の高い組織づくり、官民連携の推進などについて、新たな行財政改革の方向性を打ち出したものです。

 

行田市行財政改革指針(PDF:384KB)

 

指針の期間

平成26年度から平成32年度までの7年間

 

指針の概要(5つの基本方針及び12の主要取組)

gaiyou

指針の策定経過

行財政改革指針は、市民の代表者で構成される行田市行政改革推進委員会において、指針に関して諮問を行い、提出された答申を踏まえ、策定を行ったものです。

行田市行政改革推進委員会の開催経緯と内容

第1回行田市行政改革推進委員会
第2回行田市行政改革推進委員会
第3回行田市行政改革推進委員会
行田市行政改革推進委員会からの答申

 

行田市行財政改革プログラムを策定しました。

「行田市行財政改革指針」に基づき、行財政改革の具体的な取組内容やスケジュールなどを盛り込んだ「行財政改革プログラム」を策定しました。

今後、本プログラムを計画的かつ着実に遂行し、スピード感を持った成果の見える行財政改革を全庁一丸となって取り組んでいきます。

 

行田市行財政改革プログラム(PDF:1,897KB)

 

行田市行財政改革プログラムの概要(PDF:522KB)

 

プログラムの計画期間

平成26年度から平成32年度の7年間

 

プログラムの概要(5つの基本方針と主な取組項目)

 puroguramutorikuminaiyou

 

プログラムの策定経過

行財政改革プログラムは、職員で構成する行政改革推進本部及び行財政刷新プロジェクト会議を中心とした全庁的な連携のもと、市民の代表者で構成される行政改革推進委員会に意見を伺いながら、策定を行ったものです。

 

財政効果額

行財政改革の各分野において明確な目標を掲げ、計画期間中に約31億円の財政効果額を目指します。

 

推進体制

・職員で構成する行政改革推進本部及び行財政刷新プロジェクト会議を中心に、全庁一丸となってスピード感を持った成果の見える行財政改革を推進します。

・プログラムに基づく取組は、毎年度検証し、「市報ぎょうだ」やホームページで適宜するとともに、市民の代表者で構成される行政改革推進委員会に報告し、意見聴取を行います。

・プログラムは必要に応じて見直しを行います。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部改革推進室行政改革担当

電話番号:048-556-1111(内線309)

ファクス:048-553-1355