ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 各種施策 > 行田市移住・定住プロジェクト > 移住・定住イベント情報

ここから本文です。

更新日:2019年9月19日

移住・定住イベント情報

移住体験日帰りバスツアーを開催します

 令和元年10月19日(土曜日)、本市への移住に興味がある方を対象にした移住体験日帰りバスツアーを開催します。

 「都内まで通える範囲の郊外への移住を考えている」「ほど良い田舎で子育てしたい」といった希望をお持ちの方は是非ご参加ください。

 なお、ツアーでは市内の施設や公園を見学するとともに、趣ある文化財カフェでのランチや地元の方々と一緒に青大豆を使った豆腐作り体験を予定しています。

 詳しくは募集チラシをご覧ください。

・行田市移住体験バスツアー(募集チラシ)(PDF:186KB)

ふるさと回帰フェア2019に出展しました

 令和元年9月8日(日曜日)、東京交通会館で行われた国内最大級の移住イベント「ふるさと回帰フェア2019」に出展しました。当日は台風が接近するあいにくの天気でしたが、移住を考える多くの方が各ブースを訪れていました。本市のブースにおいても、皆さん熱心に移住制度や地域の情報などの説明に耳を傾けており、移住への関心の高さが伺えました。ご来場ありがとうございました。

ふるさと回帰フェア2019 

第一回移住者交流会を開催しました

和元年7月27日(土曜日)、行田市渡柳の片山農場にて「第一回移住者交流会」を開催しました。

当日は台風の予報でしたが、運良く晴天に恵まれ、参加者の方は無農薬野菜の収穫と夏野菜カレーの調理を楽しみながら交流いたしました。食事の後に行われたお野菜クイズと行田市クイズでは、子どもたちが元気いっぱいに問題に答え、初対面の子とも仲良くなっていました。

交流会終了後、参加者の方からは「行田産の野菜がとてもおいしかった」「また参加したい」との感想が寄せられました。

交流会風景1交流会風景2交流会風景3

交流会風景4交流会風景5交流会風景6

地域の魅力発信!移住交流フェアに出展しました

平成31年2月3日(日曜日)、東京国際フォーラムで開催された「地域の魅力発信!移住交流フェア」の埼玉県ブースに出展しました。

談者の中には、以前行われたイベントで行田市に興味を持つようになり、再度足を運んでくださったという方もいらっしゃいました。移住前に聞いておきたい事がありましたら、是非お気軽にお問合せください。

交流フェア1交流フェア2

石田真敏総務大臣によるブース視察

「マラソン×移住」をテーマに移住セミナーを開催しました

成31年2月1日(金曜日)、東京都千代田区にあるふるさと回帰支援センターにて移住セミナー「ランナーにやさしいまち!?~行田を走ろう!行田移住相談会~」を開催しました。

ランニング同好会「行田走友会」による、楽しい行田の走り方、先輩移住者によるマラソン×移住の紹介には、「ランナーの方が紹介してくださる事で、より行田市の魅力が伝わった」との感想が寄せられました。

また、(公財)行田市産業・文化・スポーツいきいき財団トレーナーによるランニング講座では、参加者もその場でご自身の体幹をチェックをしていました。

皆様もランナーにとっては意外と天国!?な行田で、実際に市内を走ってみませんか?

セミナー4セミナー1

セミナー2セミナー3

JOIN移住・交流&地域おこしフェアに出展しました

成31年1月20日(日曜日)、東京ビッグサイトにて行われた「JOIN移住・交流&地域おこしフェア」の埼玉県ブースに出展しました。

「通勤ラッシュに疲れている」「豊かな自然を楽しみ、のんびり過ごしたい」という相談者に、行田市で実現できる、ゆったりとした田舎暮らしをご紹介させていただきました。

join2join2

移住体験日帰りバスツアーを開催しました

平成30年11月23日(金曜日・祝日)、行田市への移住に興味がある方を対象にした、移住体験バスツアーが開催されました。

東京都や県南部から21人が参加し、自然が多く、歴史を感じる街並みを興味深く見学していました。

交流会では、実際に行田市に移住してきた先輩移住者2人と、行田の住みやすさや暮らしについての意見交換が行われ、参加者からは「行田の事が良く分かった」「先輩移住者と話せて良かった」などの感想が寄せられました。

ツアー風景1ツアー風景2

ツアー風景3ツアー風景4

ふるさと回帰フェア2018に出展しました

平成30年9月9日(日曜日)、東京国際フォーラムで行われた移住イベント「ふるさと回帰フェア2018」の埼玉県ブースに出展しました。当日の来場者数は20,686人で、移住を考える多くの方が各ブースを訪れていました。

皆さん熱心に本市の移住制度や地域の情報などの説明に耳を傾けており、移住への関心の高さが伺えました。ご来場ありがとうございました。

kaikifea1

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部企画政策課企画政策担当

電話番号:048-556-1111(内線312)

ファクス:048-553-1355