ここから本文です。

更新日:2017年8月1日

博物館の企画展・体験学習・イベントのご案内

企画展

開館30周年記念 第27回テーマ展「古代への扉を開く~行田発掘物語~」

行田市には、埼玉古墳群をはじめ数多くの史跡・遺跡があります。

こうした史跡・遺跡は、私たちが古代を知るための「扉」とも言えるでしょう。

今回の展示では、行田市の発掘調査の歴史を中心に、現在までにわかった「扉の中の世界」について紹介します。

【会期】平成29年7月8日(土曜日)~9月3日(日曜日)

(休館日7月10・18・24・31日、8月7・14・21・28日)

【場所】博物館企画展示室酒巻現場

  • 公開講演会

「銅碗・鉄剣・馬冑-埼玉古墳群の研究と行田」

講師:若松良一氏(埼玉県立文書館)

日時:7月23日(日曜日)午後2時~

場所:郷土博物館講座室

定員:80名

申込み:お電話にてお申込みください。

(行田市郷土博物館:048-554-5911)

  • 展示解説会

担当学芸員が、展示室内にて解説をします。

日時:7月15日(土曜日)午前10時~/午後1時30分~

場所:郷土博物館企画展示室

申込み:不要

 

 体験学習のおしらせ

体験学習講座「水でっぽう」をつくろう!

※定員に達しましたので、申込みを終了しました。

竹細工の名人に教わって、むかしながらの竹の水でっぽうをつくります。でき上がったらみんなで遊んでみましょう。 水鉄砲

【日にち】8月26日(土曜日)

【時間】午後1時30分~3時30分

【場所】行田市郷土博物館会議室

【定員】30名(先着順)

費用】無料

  • 5分前には必ずお越しください。
  • 小学生以下のお子様には大人の方が付き添ってご参加ください。
  • 会議室は1時10分に開場します。
  • 汚れても構わない服装でおいでください。ぬれてしまう可能性もありますので、必要な方は着替え・タオルをご用意ください。
  • 屋外で遊びますので、必要な方は虫よけスプレー等ご準備ください。

日本遺産認定記念・夏休み特別企画「足袋をはいて博物館へ」

「足袋のまち行田」が日本遺産に認定されたことを記念して、足袋をはいて来館されたお客様に「こはぜストラップ」をプレゼントします。

ぜひすてきなコーディネートでご参加ください。(和装・洋装問いません。)ストラップ

【期間】7月22日(土曜日)~9月3日(日曜日)

(休館日7月24・31日、8月7・14・21・28日)

【参加の条件】

  • 足袋をはいていて、それを受付にて確認できること。 足袋イラスト
  • 博物館に入館・見学されること。
  • 期間中、お1人様1回かぎりストラップをプレゼントします。

夏休みサマーシアター

16ミリフィルムの短編映画を上映します。

8月13日(日曜日)午後2時30分~

「最後の空襲―熊谷ー」(29分間)

戦争が終わる前日、熊谷市を襲った空襲。市民の体験談をもとにした1人の女の子の物語のアニメーションです。

つくってあそぼう

ラウンジの「つくってあそぼう」では、季節の折り紙体験や情報コーナーを設置しています。

8月 郷土学習コーナー 行田を学ぼう!

   開館30周年記念 第27回テーマ展「古代への扉を開く~行田発掘物語~」 考古学クイズ  

展示図録・目録販売のご案内

お問い合わせ

生涯学習部郷土博物館学芸担当

電話番号:048-554-5911

ファクス:048-553-4951

住所:行田市本丸17-23