ここから本文です。

更新日:2017年11月9日

行田市指定有形文化財 旧忍町信用組合店舗移築・保存修理工事のご案内

本遺産認定構成資産の1つである「旧忍町信用組合店舗」の移築・保存修理工事を8月下旬から実施いたします。

この建物は、かつての行田の足袋産業の隆盛を物語る、本市にとって歴史的価値の高い貴重な文化財であり、国の地方創成拠点整備交付金などを活用して、水城公園東側園地に移築・復元し、市民や観光客の皆様の交流拠点となるよう整備いたします。

事中は、近隣や公園利用の皆様に大変ご迷惑をお掛けしますが、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

工事名

行田市指定有形文化財 旧忍町信用組合店舗移築・保存修理工事

工事場所

現在地 行田市行田13番31号

移築場所 水城公園東側園地

工事予定期間

平成29年8月下旬から平成30年3月中旬

施工者

株式会社魚津社寺工務店

請負額

92,880,000円(税込み)

【主な財源】国庫支出金(補助率約50%)、その他有利な合併特例債を利用しています。

 

完成イメージ図

旧忍町信用組合店舗完成イメージ図2

                              ものつくり大学(横山研究室)作成

お問い合わせ

生涯学習部文化財保護課文化財保護担当

電話番号:048-553-3581

ファクス:048-556-0770

都市整備部都市計画課公園担当

電話番号:048-550-1550

ファクス:048-553-4544

※工事については文化財保護課、公園については都市計画課へお問い合わせください。