ここから本文です。

更新日:2017年12月11日

行田市の足袋蔵等が日本遺産に認定されました

新着情報

日本遺産(Japan Heritage)に認定された行田市のストーリー

「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」

田市が日本遺産認定の申請をしていた「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」のストーリーが平成29年4月28日に県内初の”日本遺産”に認定されました。

日本遺産(Japan Heritage)とは

化庁によって平成27年度に創設された新しい文化財制度で、地域に点在する史跡・伝統芸能など有形・無形の文化財をパッケージ化し、我が国の文化・伝統を語るストーリーとして「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するものです。歴史的魅力に溢れた文化財群を地域主体で総合的に整備・活用し、世界へ戦略的に発信することにより、地域の活性化を図ることを目的としています。今回を含めて54件が日本遺産に認定されています。

認定された行田市のストーリーの概要

城の城下町行田の裏通りを歩くと、時折ミシンの音が響き、土蔵、石蔵、モルタル蔵など多彩な足袋の倉庫「足袋蔵」が姿を現す。行田足袋の始まりは約300年前。武士の妻たちの内職であった行田足袋は、やがて名産品として広く知れ渡り、最盛期には全国の約8割の足袋を生産するまでに発展した。それと共に明治時代後半から足袋蔵が次々と建てられていった。今も日本一の足袋生産地として和装文化の足元を支え続ける行田には、多くの足袋蔵等歴史的建築物が残り、趣きある景観を形づくっている。

 

 

 

 

 

 

 

ストーリーの構成資産

トーリーの構成資産(文化財)は39件で、内訳は史跡4件(国指定1・県指定2・市指定1)、有形文化財3件(未指定3)、建造物26件(市指定2・国登録5・未指定19)、有形民族文化財2件(国登録1・未指定1)、無形民俗文化財4件(未指定4)となっています。

 

主な構成資産

崎玉古墳群

忍城跡

         埼玉古墳群                     忍城跡

足袋蔵ギャラリー門足袋とくらしの博物館

       足袋蔵ギャラリー門                足袋とくらしの博物館

行田足袋行田の足袋製造用具及び製品

         行田足袋                 行田の足袋製造用具及び製品

ゼリーフライ・フライ行田の奈良漬 

        ゼリーフライ・フライ                  行田の奈良漬

 

ストーリー等の詳細(文化庁に提出した書類)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習部文化財保護課文化財保護担当

電話番号:048-553-3581

ファクス:048-556-0770