ここから本文です。

更新日:2016年3月24日

徳川家康画像

衣冠に身を正し、笏(しゃく)を持して正装した家康42歳の壮年期の姿を描いたとされる画像で、描写は全体的に端正な趣をたたえています。

この画像は、長女亀姫が慶長16年(1611)、駿府に赴いた際に家康から与えられ、のち亀姫の四男松平忠明(ただあきら)の元に伝えられました。忠明は大和郡山藩主のとき、祖父家康を祀る東照宮を勧請しました。この東照宮は松平家の転封とともに移転を続け、文政6年(1823)忠明の子孫松平忠堯(ただたか)の桑名から忍への転封に伴い、忍城の西方に遷座され、この画像も奉納されました。

  • 読み とくがわいえやすがぞう
  • 区分 県指定有形文化財
  • 種別 絵画
  • 員数 1幅
  • 所在地  行田市本丸12-5 東照宮
  • 時代   江戸
  • 形状  本紙 縦101cm、横51cm
  • 公開/非公開  非公開
  • 指定年月日 昭和37年3月10日

 

徳川家康画像

 

徳川家康画像

 

>指定文化財一覧表へ戻る

お問い合わせ

生涯学習部文化財保護課文化財保護担当

電話番号:048-553-3581

ファクス:048-556-0770