ここから本文です。

更新日:2016年1月15日

小見真観寺古墳

真観寺境内にある全長102m、高さ8mの前方後円墳で、後円部と鞍部の2ヵ所に横穴式石室があります。

後円部の南側にある横穴式の複室の石室は、寛永11年(1634)に発見され、秩父産の緑泥片岩による石室で巨大な石材を用いた精巧なものです。前室は奥行2.7m、幅2.2m、高さ2.1m、玄室は2.4m、幅2.2m、高さ2.1mで両室の間仕切りは、緑泥片岩の一枚石に四角い窓を開けています。

鞍部にある石室は、明治13年に発掘され金環、鉄製刀子(とうす)、金銅装頭椎太刀(かぶつちのたち)、銅鋺(どうわん)などが発見されました。出土品は、東京国立博物館に所蔵されています。

最近の発掘調査で周溝が確認され、その底付近から埴輪の破片が多く発掘されました。また、出土遺物などから6世紀末から7世紀初め頃に築かれた市内最後の前方後円墳でなはいかと推測されます。

  • 読み        おみしんかんじこふん
  • 区分        国指定記念物
  • 種別        史跡
  • 員数        1基
  • 所在地       行田市小見1124 真観寺
  • 時代        古墳
  • 形状        全長102m、高さ8m、前方後円墳
  • 公開/非公開  公開
  • 指定年月日   昭和6年3月30日

 

小見真観寺古墳

 

小見真観寺古墳石室

 

小見真観寺古墳石室

 

>指定文化財一覧表へ戻る

お問い合わせ

生涯学習部文化財保護課文化財保護担当

電話番号:048-553-3581

ファクス:048-556-0770