ここから本文です。

更新日:2016年1月15日

古代蓮自生地

市内小針地区周辺はかつて沼地・湿地が広がっており、昭和の初期頃には沼地に蓮が咲いていました。この蓮を調べてみると、現在の蓮とは異なり、古代種に属する蓮であることが分り、昭和35年3月29日に市指定天然記念物に指定されました。しかしながら、化学肥料や農薬の普及に伴い急速に減少し、枯死してしまいました。

その後、昭和46年にゴミ焼却場を建設するため造成工事が行われ、 焼却灰の処理場として隣接地を掘削したところ、昭和48年に掘削で出来た池に蓮が開花しました。掘り下げた土の中にあった蓮の実が自然発芽したもので、形態的特徴から古代蓮と確認されました。また、同時に出土した土器は縄文時代から平安時代にかけてのものとされ、蓮の実があった土壌から出土した木片は年代測定の結果、約1400年前のものとされました。

  • 読み                  こだいはすじせいち
  • 区分                  市指定記念物
  • 種別                  天然記念物
  • 所在地               行田市小針855   小針クリーンセンター敷地内 
  • 公開/非公開    公開
  • 指定年月日        昭和35年3月29日

 

古代蓮

 

 古代蓮自生地

 

 

  

>指定文化財一覧表へ戻る

お問い合わせ

生涯学習部文化財保護課文化財保護担当

電話番号:048-553-3581

ファクス:048-556-0770