ここから本文です。

更新日:2016年1月15日

石燈籠

万葉集には、仁徳天皇から天平宝字3年(759)までの長歌、短歌、旋頭歌(せどうか)など4500首余りの歌が収められています。行田市に関係する歌は4首あり、小埼の沼、埼玉の津を詠んだ歌と、防人(さきもり)として赴いた藤原部等母麻呂(ふじわらべのともまろ)と妻の歌があります。

浅間塚の上に鎮座している前玉神社の石段の登り口に高さ2mの一対の石燈籠が建っています。元禄10年(1697)10月15日、地元の埼玉村の氏子一同が奉献したもので、2基の竿に「万葉集」の「小埼沼」と「埼玉の津」の歌が美しい万葉仮名で陰刻されています。旧跡「小埼沼」の碑より56年前の建立で、万葉集に掲載された歌の歌碑としては、全国でも最も古いものの一つです。

江戸時代には、万葉集の研究が盛んになり、万葉集への関心が高まってきましたが、全国に先立って歌碑を建立した埼玉(さきたま)の氏子たちの文化的センスの素晴らしさがわかります。

  • 読み        いしどうろう
  • 区分        市指定有形文化財
  • 種別        工芸品
  • 員数        2基
  • 所在地       行田市埼玉5450 前玉神社
  • 時代        江戸
  • 形状        高さ2m
  • 公開/非公開  公開
  • 指定年月日   昭和42年3月10日

 

 石燈籠  石燈籠

 

>指定文化財一覧表へ戻る

お問い合わせ

生涯学習部文化財保護課文化財保護担当

電話番号:048-553-3581

ファクス:048-556-0770