ホーム > 防災・安全 > 消防 > 消防訓練・イベント > 開催結果 > 訓練・行事・イベント結果(平成29年度) > 文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました

ここから本文です。

更新日:2019年2月6日

文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました

 平成30年1月20日 土曜日、第64回文化財防火デーを迎え、歴史的建造物を火災等から守るため、市内須加地内の 『如来堂』 にて消防訓練を実施しました。

  この日は、地元関係者、地元消防団、消防ボランティアレディース隊などが参加し、文化財愛護に関する意識の高揚を図るとともに、地域における防災体制の確立を図りました。

  

文化財防火デーとは?

 

  昭和24年1月26日に法隆寺金堂壁画が焼損し、その後、金閣寺が火災により焼失するなど文化財が相次いで火災による被害を受けたことから、1月26日が「文化財防火デー」と定められました。

  この日を中心として全国各地で文化財施設の消防訓練が実施されており、行田市消防本部でも毎年実施しているものです。

 

訓練想定

  午前10時15分頃、行田市大字須加387番地先、如来堂敷地内で枯草火災が発生。風が強く本殿及び重要文化財に延焼するおそれがあり。

訓練内容

  • 通報訓練 
  • 初期消火訓練
  • 文化財等持ち出し訓練
  • 消防署・消防団消火活動訓練

 

訓練の様子

 kaikaisiki

mizubaketu 

 bunkazaimotidasi

開会式

水バケツリレーによる初期消火訓練

文化財等持ち出し訓練

 

 

 syaryouyuudou

 housui

 syoukaki

車両誘導訓練

消防署放水訓練

訓練参加者対象消火訓練

 

 


お問い合わせ

消防本部予防課

電話番号:048-550-2121

ファクス:048-556-8151