行田市 > 暮らし > 水道 > くらしと水道 > 家庭でできる節水方法

ここから本文です。

更新日:2020年7月8日

家庭でできる節水方法

日頃、何気なく使っている水も工夫しだいでかなりの量の節約ができます。水を上手に使って、節水を心掛けましょう。

  1. 蛇口はしっかり、こまめに止めて、ムダな水は流さないようにしましょう。
  2. 歯みがきは、水道を流しっぱなしにせず、コップに汲んでから行いましょう。
  3. ためすすぎで洗濯をしましょう。ためすすぎで洗濯すれば1回の使用水量は約110リットル、流しっぱなしのすすぎ洗いに比べ55リットルも節水できます
  4. 風呂の残り湯を有効活用しましょう。残り湯は、風呂の使用状態によっても異なりますが、一般家庭の浴槽では約180リットルの量があります。この約半分を洗濯、掃除、散水などに利用すれば100リットルも節水できます
  5. 洗車は洗い方がポイントになります。ホースで流しっぱなしで洗車する場合、使用する水は約240リットルですが、バケツで汲んで洗えば約30リットルで済み、210リットルも節水できます

 

お問い合わせ

都市整備部水道課業務担当

電話番号:048-553-0131

ファクス:048-553-0137

行田市前谷1-1