ホーム > しごと・産業 > 農業 > 田んぼアート > 「田んぼアート」in行田2015

ここから本文です。

更新日:2016年1月6日

「田んぼアート」in行田2015

水田をキャンバスとして、色彩の異なる複数の稲を植え付け、文字や図柄等を表現する取組です。

行田の水田に巨大なアートが出現します。

田植え後は約2.8ha(28,000平米)の面積に田んぼアートが描かれています。

田んぼアートは古代蓮会館展望室よりご覧になれます。営業日に関しては、古代蓮会館ホームページ(外部サイトへリンク)でご確認ください。

平成27年度の田んぼアートは終了いたしました。また来年も田んぼアートをよろしくお願いいたします。

現在、田んぼアートをテーマにした動画を公開しています。ぜひご覧ください。

行田市田んぼアート ギネス世界記録への軌跡

PR動画 宇宙人もお祝いに来た!(外部サイトへリンク)

また、現在田んぼアートの稲わらを使った、日本最大級の「わらアート」を古代蓮の里において公開しております。ぜひご覧ください。わらアートをテーマにした動画もぜひご覧ください。

わらアートムービー~For people from other countries~

クローバーの種を蒔きました。

明けましておめでとうございます。本年度は、3種類の種を田んぼアート圃場の一部に蒔きました。春には彩り豊かなクローバーが楽しめる予定です。クローバーは田んぼアートの緑肥にもなります。

クローバー

左からクリムゾンクローバー、レッドクローバー、れんげの種です。3種類の花が楽しめます。

クローバー2

種まきの様子(平成27年12月28日撮影)です。

来年の田んぼアートへの準備が着々と進んでいます。

12月9日から10日にかけて、(株)はせがわ農園のご協力で弾丸暗渠とプラウ耕起作業を行いました。圃場の水はけを良くすることで、来年の田んぼアートがより良い環境で実施できるよう準備しております。

【弾丸暗渠】・・・トラクターで弾丸型の金属機具をひき、下水管のような穴を田んぼ内にあけることで、排水効果を高める作業。

 暗渠

 暗渠2

【プラウ耕起作業】・・・下層の土を表面に出し、表面の土、草、わらを埋没させる作業。土の養分を全体にいきわたらせる効果の他、土を砕くことで、通気性や水はけを良くする効果がある。

プラウ

プラウ2

 

【今週の田んぼアート】写真をクリックすると詳しい様子がご覧になれます。

H27代掻き前

H27.5.13

空撮

H27.6.1

H27.6.15

H27.6.16

6月24日3

H27.6.24

6月30日

H27.6.30

7月7日

H27.7.7

 

7月14日1

H27.7.14

6月22日

H27.7.22

7月29日

H27.7.29

8月4日

H27.8.4

8月11日1

H27.8.11

 8月21日

H27.8.21

 

8月25日

H27.8.25

 9月14日

H27.9.14

 

 9月29日1

H27.9.29

10月20日

H27.10.20

 

 

11月5日

H27.11.5

 11月13日

H27.11.13

 

 11月17日1

H27.11.17(最終回)

 

田んぼアート稲刈り体験の様子

田んぼアートの稲刈りを10月18日に実施しました。

田植え体験に参加してくださった方々により、田んぼアートの「地球」部分の刈り取りを行いました。

「立体的」に進化した田んぼアートは11月14日(土曜日)埼玉県民の日までご覧いただけます。その後、順次刈り取りを行います。

稲刈り集合

↑クリックすると、当日の様子がご覧になれます。

田んぼアートがギネス世界記録TMに認定されました!

田んぼアートのギネス世界記録TM認定審査の様子

田んぼアートがギネス世界記録TMに挑戦します!

田んぼアートのギネス挑戦への過程

平成27年度ポストカードが出来上がりました

 ぽっぷ

古代蓮会館で田んぼアート連動企画”はやぶさ2展”が開催されています

 

はやぶさ2

はやぶさ2 その2

 

田んぼアートのデザインの一部になっている『はやぶさ2』など宇宙関連のパネル展示などを行っています。

■期 間… 平成27年8月18日(火曜日)~11月15日(日曜日)
■パネル展示… 古代蓮会館内渡り廊下掲示板 
■宇宙関連映像上映… 期間中の土・日曜・祝日の午前11時~/午後2時~【1日2回の上映予定】(上映時間約13分)
 

『埼玉東部農業共済組合』様のご協力により、無人ヘリコプターで防除作業を行いました。

防除作業その3

防除作業は日の出とともに始まります。

散布

朝焼けのなか、無事作業は終了いたしました。

この作業を行うことで、田んぼアートの稲を害虫や病気から守ることができます。

田植え風景

6月13日、14日に多くの方にご参加いただき、田んぼアートの田植えを実施しました。

田植え体験を行う一般参加者の方や、図柄部分を手植えする田植えボランティアの方を中心に、「最高傑作」が出来上がりました。

田んぼアートの見頃は7月中旬から10月中旬です。日々移り変わってていく田んぼアートを、古代蓮会館展望室よりぜひご覧ください。

 

13日集合

13日集合写真

14日集合

14日集合写真

田植え1

写真をクリックすると、田植えの様子がご覧になれます。

田植えへの準備が着々と進んでおります

種まき作業

5月25日から26日にかけて、埼玉県農林公社種苗センターにて種まきが行われました。

種まき2田植え3

種まきした苗は、6月1日現在すくすく育っております。

苗生育中1苗生育中2

代かき作業

田んぼアートに使用される田んぼの代かきも行われております。

代かき…田植えのため、田んぼに水を引き土を砕いてならすこと。

代搔き2代搔き1

田んぼアートの水田に赤いクローバー(クリムソンクローバー)が咲きました。

現在は、田んぼアートの準備のため、耕されて花を見ることはできません。

クリムゾンクローバーと展望室クリムソンクローバー拡大

昨年11月に緑肥として種まきしたクリムソン・クローバーの真っ赤な花が咲き始めました。

冬の間、田んぼの水ハケが悪く、当初の予定より花の数は少なくなってしまいましたが、イチゴのようなかわいい花を見ることができます。

5月中旬には耕やし田植えの準備に入りますので、連休中にぜひご覧ください。

※田んぼの中に入って、花を摘み取ることも可能です。ただし、数に限りがあるので、多くの方がお持ちになれるようご協力をお願いいたします。

なお、足もとが不安定なため転倒によるケガに十分ご注意ください。

クリムソン・クローバー

〔科名〕:マメ科〔原産国〕:ヨーロッパ〔草丈〕:20cm~50cm〔開花期〕:4月~6月

クローバー(シロツメクサ)の仲間で、イチゴのような形をした赤い花が特徴です。

緑肥植物として育てられることもあります。(緑肥…田んぼなどの土にすき込んで肥料にすること)

昨年の11月の種まきの様子とクリムソンクローバーの種

種植え種

平成27年度田んぼアートのデザインが決定しました。

題名:「未来(みらい)へつなぐ古(いにしえ)の軌跡(きせき)」 

平成27年度田んぼアートデザイン

古代から未来へ夢をつなぐまちぎょうだ

をイメージして

古代蓮

地球

子どもたち

宇宙

はやぶさ2

を、世界的規模の約2.8haの田んぼに7種類の稲で描きます。

また、稲の生育不足により挑戦を見送ったギネス世界記録™の

認定を目指します。

田んぼアートをご覧になるには

田んぼアートは、『古代蓮の里』の東側の田んぼで実地しています。

田んぼアートは『古代蓮の里』内にある“古代蓮会館展望室(高さ50m)”からご鑑賞ください。

なお、展望室に昇る際には古代蓮会館の入館料(高校生以上400円、小・中学生200円)が必要です。

詳しいお問合せは、下記へお願い致します。

【古代蓮会館】

古代蓮をはじめ、行田市の自然を楽しく学習できる展示室や収容人数100人の休憩所もあり、展望室では古代蓮の里の蓮池や田んぼアートの他、広大な関東平野と美しい山々を眺めることができる充実した施設です。

季節、天候によって富士山、東京スカイツリー等もご覧になれます。

住所:埼玉県行田市大字小針2375-1

電話:048-559-0770

ホームページ:http://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/

古代蓮会館

古代蓮会館(外観)

展望室

展望室

古代蓮会館6968

古代蓮池

古代蓮会館7004

1階休憩所

古代蓮会館6988

展示室

 

田んぼアートの見頃は7月中旬から10月中旬

その魅力は季節、天候、時間ごとに変わる自然な彩りです

  • 7月中旬・・・段々と夏の日差しが強くなってくる頃、苗の成長とともに絵柄も徐々に色を増し鮮やかになってきます。
  • 8月上旬・・・夏の日差しはピークを迎え、稲の背丈も最も大きくなり、それぞれの色がはっきりしてきます。絵柄も明るく色の違いがはっきりする美しいなアートがご覧頂けます。
  • 9月下旬・・・朝夕涼しい風が混じる頃、稲も緑から段々黄金色に変わっていきます。黒い稲は徐々に淡いセピア色に姿を変えていきます。
  • 10月中旬・・・ご協力いただいたみなさんにお配りするお米「彩のかがやき」だけ刈り取ります。稲刈り後は『立体的な田んぼアート』をご覧頂けます。
  • 11月下旬・・・残りの部分を全て刈り取り田んぼアートは終了です。

平成27年度田植え体験の【ボランティア】と【一般参加者】を募集します。終了いたしました。

みんな行こう!田んぼアート!行田の田んぼアート

田んぼアートも今年で8年目を迎えます。

これまでにご協力いただいたみなさんのおかげで行田市の田んぼアートは世界的規模の面積(2.8ha)になりました。

みなさんの力が頼りです。ご応募お待ちしております。

たくさんのご応募ありがとうございました。

2015デザイン決定・田植え体験募集案内(PDF:394KB)

みんなの手で世界一へ

田植えボランティア

日時

6月13日(土曜日),14日(日曜日)のいずれか、又は両日雨天決行

8時30分(集合)

9時00分(田植え開始)

場所

古代蓮の里東側の田んぼ

内容

図柄部分を中心に手植えによる作業

応募資格

高校生以上の方

定員

制限なし

参加費

無料

募集期間

平成27年4月1日(水曜日)~5月15日(金曜日)まで

その他

  1. 開催日前に説明会を開催します。
  2. 参加者には収穫したお米を後日プレゼント。
  3. 市内温泉入浴券・古代蓮会館入館券をお渡しします。

昼食は13日(土曜日)は弁当配布、14日(日曜日)は食事券配布

申込方法

電話、FAX、E-mail、窓口直接

必要事項:住所、氏名、年齢、性別、電話番号、

メールアドレス(お持ちの方、携帯電話も可)参加日もご連絡ください。

一般参加者

日時

6月14日(日曜日)雨天決行

9時30分(集合)

10時30分(田植え開始)

場所

古代蓮の里東側の田んぼ

内容

午前中1~2時間程度の田植え体験

(小学生未満のお子様と一緒の場合、短時間の体験も可能です。)

応募資格

市内外を問わず、どなたでも参加できます。

定員

最大800人

参加費

1,000円(大人・小人共通:当日、徴収します。)

食事券・市内温泉入浴券代・保険代などに充当いたします。

募集期間

平成27年4月1日(水曜日)~5月15日(金曜日)まで

その他

  1. 参加者には収穫したお米を後日プレゼント。
  2. 食事券・市内温泉入浴券・古代蓮会館入館券をお渡しします。

申込方法

電話、FAX、E-mail、窓口直接

必要事項:住所、氏名、年齢、性別、電話番号、

メールアドレス(お持ちの方、携帯電話も可)

お問い合わせ

田んぼアート米づくり体験事業推進協議会

事務局(行田市役所農政課農政担当)

電話番号:048-556-1111(内線386・387)

FAX番号:048-556-4933

E-mail:tanboart@city.gyoda.lg.jp

平成26年度の取組

2014古の行田デザイン

2014古の行田写真

完成予想図

完成図

右側の画像をクリックすると平成26年度の取組が見られます。↑

平成25年度の取組

田んぼアート絵柄

田んぼアート177

完成予想図

完成図

右側の画像をクリックすると平成25年度の取組が見られます。↑

平成24年度の取組

24年度田んぼアート図柄

8月24日の様子

完成予想図

完成図

右側の画像をクリックすると平成24年度の取組が見られます。↑

平成23年度の取組

H23田んぼアート図柄 田んぼアート8月10日の様子

完成予想図

完成図

右側の画像をクリックすると平成23年度の取組が見られます。↑

平成22年度の取組

平成22年度完成予想図

8月10日全体の様子

完成予想図

完成図

右側の画像をクリックすると平成22年度の取組が見られます。↑

平成21年度の取組

平成21年度完成予想図

9月16日の様子

完成予想図

完成図

右側の画像をクリックすると平成21年度の取組が見られます。↑

平成20年度の取組

平成20年度完成予想図

平成20年度完成図

完成予想図

完成図

右側の画像をクリックすると平成20年度の取組が見られます。↑

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境経済部農政課農政担当

電話番号:048-556-1111(内線386)

ファクス:048-556-4933

田んぼアート米づくり体験事業推進協議会事務局:行田市環境経済部農政課農政担当