ホーム > しごと・産業 > 農業 > サケの遡上 > サケの遡上・採卵・放流事業

ここから本文です。

更新日:2015年10月19日

サケの遡上・採卵・放流事業

ここから本文です。

 利根川で生まれたサケが大海原を回遊し、生まれ故郷の利根川に産卵のため帰ってきます

独立行政法人 水資源機構 利根導水総合事務所、行田市役所、地元小学生などで、サケの卵を採取、孵化させ育った稚魚を再び利根川に放流する活動を続けています。

サケの遡上数は年々増加しており、10月下旬から12月中旬頃まで、利根大堰(とねおおぜき)にある「大堰自然の観察室」でサケを観ることができます。

サケ9235  魚道

《利根大堰・自然の観察室》

サケ7898

サケ9155

平成26年11月9日(日曜日)現在、約3,000匹のサケが遡上してきています。

     サケ遡上に関しての詳しい事は 【独立行政法人 水資源機構】 までお問合せください。( 電話 : 048-557-1501 )

利根大堰にやってくるサケたち

利根川は、サケが遡上する南限の河川と言われています。

河口から遡上してきサケは川を上り産卵場所を目指します。そして、メスは尾びれで川底の砂利を掘り産卵床を作り2,500~3,000個もの卵を産みます。産卵後、サケは1週間前後でその生涯を終えるそうです。

孵化したサケの稚魚は、卵に含まれる卵黄を吸収して水中に浮上し、活発にエサを捕りながら海へ下ります。そして広い海を大回遊しながらどんどん成長し、また生まれた川を目指し泳ぎ始めるのです。

一般にサケたちは生まれた川の匂いを覚えていて、広大な大海原の中からその匂いをたどって、ふる里の川に戻ってくるといわれています。

利根川に帰ってくるサケは、生まれてから3~4年を経過したものが多いようです。利根大堰は利根川の河口から154km。サケたちは子孫へ命のバトンを渡すため、さらに上流を目指し泳ぎ続けます。

サケ遡上・採卵観察会が開催されました

今年も多くのサケが利根川を上ってきました。これからまだまだ先をめざし、産卵場所を求めて群馬県まで上っていきます。 サケが懸命に川を上っていく姿を見ていると、とても感動し野生の尊さを感じます。

イベント開催中は、サケの採卵観察会・クイズ大会・スマートボールやヨーヨーつり・行田産の農産物販売など、来場者にも楽しい企画が盛りだくさんでした。

サケ5645

 

  ↓ 川を上るサケを見つめるたくさんの人たち              ↓ 1号魚道を上るサケ(いつもは柵が開いた状態になっています)

  サケ7753   サケ5629

 

サケ5648

市長あいさつ

サケ7734

サケの生態の説明

サケ7766

スマートボールで何が当たるかな

サケ7736

スマートボール遊び 

 サケ7793

出来立てゼリーフライ、美味しいね

サケ7774

行田産農産物も販売中

サケ7871

クイズ大会は段々質問が難しくなります

サケ7841

サケだ、大きい! 

サケの採卵観察会

サケ7760   今日のメインイベント、サケの採卵会です。1号魚道から採卵観察に使うオスとメスのサケを捕まえます。

   たくさんの人たちが集まり興味津々で採卵の様子を見つめていました。

   麻酔がかかっている間に素早く観察会が執り行われます。大きなサケに驚きの喚声が上がり、メスのサケから卵が取り出される様子に目が釘付けになりました。

   次にオスのサケから精子を取り出し卵と混ぜ無事終了。

   これからたくさんのサケの稚魚が生まれ、来年には海を目指し利根川を下っていきます。

   ※ 麻酔をかけたサケは、麻酔が解けたら利根川に帰します。

   サケ7752   サケ7855

                                                                   ↑ たくさんの人でにぎわう採卵観察会        ↑ 受精させたサケの卵

サケ7818

麻酔がかかっているので、サケもおとなしくしています

サケ7813

口が鋭いオスのサケ

サケ7808

たくさんの卵が取り出されています

サケ7815

続いて、精子を卵にかけます

サケ7826

水を少し混ぜます

サケ7832

受精完了です

サケ遡上・採卵観察会の開催(終了しました)

今年もサケの遡上の季節がやってきました。大海原を回遊し、生まれ故郷である利根川に戻ってくるサケの勇姿を見てみませんか?

当日は、サケから卵をとる貴重な様子を見ることが出来ます。命の尊さを感じることのできる瞬間です。

その他にもクイズ大会や、楽しいゲーム、ゼリーフライや新鮮野菜などの出店もあります。

  •  日      時

                    平成26年11月8日(土曜日)

  • 時      間

                    13時30分~15時00分

  • 場      所

                    利根大堰(大堰自然の観察室付近)

  • 主      催

                    独立行政法人水資源機構

  • 後      援

                    行田市

  • 問合せ先

                    独立行政法人水資源機構(総務課)  電話 : 048-557-1501

※ 小雨の場合、開催されます。

地図

過去の取り組

下記をクリックして頂くと過去の紹介ページに移ります。

関連情報リンク

 

 

お問い合わせ

環境経済部農政課農政担当

電話番号:048-556-1111(内線386)

ファクス:048-556-4933