ホーム > 観光 > 名所に行く > 忍城 > 忍城とは

ここから本文です。

更新日:2014年5月23日

忍城(おしじょう)とは

関東七名城に謳われた忍城は文明年間(1469~86年)の初め頃に築城され、上杉、北条氏との戦いにも落城せず、石田三成の水攻めにも耐え、戦国の世を生き抜いた名城です。

忍城は明治維新の際に壊されましたが、忍城本丸の跡地に往時の面影を再現した忍城址(おしじょうし)が整備されています。この事業に対し、「'93さいたま景観大賞」や「都市景観大賞」が授与されています。また、忍城址内には郷土博物館が併設されています。忍城

郷土博物館見学のご案内

開館時間・休館日

  • 開館時間 9時~16時30分(入館16時まで) 
  • 休館日:月曜日(祝日・休日は開館)、祝祭日の翌日(土・日は開館)毎月第4金曜日(テーマ展・企画展開催中は開館)、年末年始

 料金

  • 大人200円(団体160円)
  • 高大生100円(団体 80円)
  • 小中生50円(団体 40円)

(団体は20名以上)

*なお、学校の教育課程関係の見学は、所定の手続きにより入館料免除となります。

*障害者手帳をお持ちの方および介護者1名は入館料免除となります。

 

 

お問い合わせ

環境経済部商工観光課観光担当

電話番号:048-556-1111(内線382)

ファクス:048-553-5063