ホーム > 観光 > 観光トピックス > 行田市観光大使

ここから本文です。

更新日:2017年7月1日

行田市観光大使を紹介します

 行田市は現在、4組の方を行田市観光大使に任命しています。行田市観光大使は、全国において行田市に関する観光資源等の魅力ある情報を発信し、市の知名度の向上を図るとともにイメージアップ及び観光振興等を図るために設置されました。

行田市観光大使(敬称略)

スターダスト☆レビュー

 音楽グループ。1981年、アルバム「STARDUST REVUE」、シングル「シュガーはお年頃」でデビュー。グループ名はジャズのスタンダードナンバー「スターダスト」と、グループが持つ多様な音楽性をレビュー形式で披露したいとのことから名付けられた。1984年に発売された5枚目のシングル「夢伝説」がカルピスのCMソングに起用され、知名度が上昇。2003年には、行田市出身のメンバー、根本要さんの母校で行われた開校50周年式典で歌を披露したほか、2015年には、「第30回さきたま火祭り」にてアコースティックライブを行い、大勢の観客を魅了した。

矢内 理絵子

 日本将棋連盟所属の女流棋士。女流棋士番号16。1990年、女流育成会に入会。1993年に13歳で女流プロになる。17歳でトップ棋士の清水市代さんを下し、初タイトルの女流王位を獲得。2006年に史上4人目の女流棋士となる。華のある女流棋士の一人として、テレビや解説の聞き手の仕事も多く持つ。

Noe

 シンガーソングライター。IT企業でSEとして勤務後、幼い頃からの夢だった歌手を目指し、ゼロから音楽活動をスタート。願いを込めたキャンドルを灯して各地で歌を届ける。情景が浮かぶオリジナル曲が幅広いファン層から支持され、『Perfect Game』はJ SPORTSバドミントン世界大会中継番組のエンディングテーマとして放送中。2016年にソニー・ミュージックレーベルズ主催のMISIAガイドボーカリストオーディションに合格、MISIA/『流れ星』でガイドボーカルを担当する。小柄な外見から想像もつかない伸びやかでパワフルな歌声も魅力の1つ。

鳥居 みゆき

 タレント、女優、お笑い芸人、映像作家、小説家。秋田県大曲市(現大仙市)生まれ、行田市育ち。寄席で昭和のいる・こいるを観て、「自分のやりたいことをやっている」姿に感銘を受け、芸人を目指す。2001年、芸人としてデビュー。2007年にGyaOのカンニング竹山の『カンニングの恋愛中毒』に出演し、ネット経由でブレイク。2013年からは劇団『東京ギロティン倶楽部』の中心メンバーとしても活動。

 

 

お問い合わせ

環境経済部商工観光課観光担当

電話番号:048-556-1111(内線389)

ファクス:048-553-5063