ホーム > 観光 > グルメを味わう > フライ

ここから本文です。

更新日:2014年1月31日

フライ

フライとは?

フライ『フライ』と言えば一般的に揚げ物というイメージがありますが、行田のフライは揚げ物ではなく、焼き物なのです。

行田でいう『フライ』とは、小麦粉を水で溶き、鉄板の上で薄く焼きながら、ねぎ、肉、卵などの具を入れ、好みでソースまたは醤油だれをつけて食べるもの。クレープのようにふわりとした舌ざわりのお好み焼きのようなものです。

行田市の位置する北埼玉地方は古くから小麦の産地であり、もともと農家で手軽に作るおやつのようなものでした。安くて持ち運びが便利なうえ、腹持ちがよいこともあって、行田で昭和初期に全盛期を迎えた足袋工場で、働く女工さんに大ヒットし、販売する店が増えて定着したとのこと。現在でも市内では20件以上の店が営業しています。

 

       フライ・ゼリーフライマップ(PDF:5,509KB) 

    

キャラクター

着ぐるみ平成21年5月1日付けで行田ゼリーフライのキャラクター(愛称:こぜにちゃん)と行田フライのキャラクター(愛称:フラべぇ)が商標登録されました。

キャラクターの使用及び着ぐるみの貸出等については下記リンク先をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境経済部商工観光課観光担当

電話番号:048-556-1111(内線382)

ファクス:048-553-5063