ホーム > しごと・産業 > 産業 > 「足袋のまち行田」活性化推進協議会

ここから本文です。

更新日:2017年10月11日

「足袋のまち行田」活性化推進協議会

 当協議会は、本市の伝統産業である足袋産業の販路拡大や商品開発による経済の活性化及び、足袋のイベント等によるまちの賑わいの創出等「足袋のまち行田」を全国にPRするとともにブランド力の向上と交流人口の拡大によるまちの活性化を図ることを目的としています。

「足袋の日」アプリの配信について

 10月8日は「足袋の日」の周知と「足袋のまち行田」を広く知っていただくために当協議会にてスマートフォン用アプリを作成しました。

 足袋の雑誌の表紙や足袋コレのポスターになれるカメラアプリです。

 ダウンロードし、SNSなどでぜひ広くPRしていただければと存じます。

ダウンロード方法

アプリストアにて「足袋の日」もしくは「足袋」と検索し、ダウンロードしてください。『GYODA TABI JAPAN』のロゴマークが目印です。

 行田足袋コレ2017について

 昨年までベスト足袋ニストコンテストとして行われたイベントは、今年から足袋コレと同一のコンテストとして生まれ変わりました。
 足袋を履いてのトータルコーディネート、「これこそ足袋」というこだわりを持った方や「こんなアレンジもあるのでは」という"新たな足袋"を提案したい方など、足袋"愛"あふれる方々の申し込みをお待ちしています。
 なお、申し込みはページ下部のリンクからお願いします。

  • 日時:平成29年11月23日(木曜日)(祝日)10時45分から14時30分まで(予定)
  • 場所:行田市産業文化会館大ホール

行田足袋コレ2017ホームページ(外部サイトへリンク)

 

「足袋×たびきっぷ」でめぐろう!!

 秩父鉄道株式会社と連携して、記念切符事業「足袋×たびきっぷ」を販売します。

 行田市では、国の地方創生推進交付金を活用した「足袋のまち行田」活性化プロジェクトの一環で、秩父鉄道株式会社と連携し、足袋をかたどった特別仕様のフリー切符「足袋×たびきっぷ」を販売します。

  • 販売期間 平成29年10月8日(日曜日)~12月24日(日曜日)の土曜日・日曜日、祝日及び11月24日(金曜日)※売り切れ次第終了
  • 販売場所 秩父鉄道の次の各駅

  羽生駅・東行田駅・行田市駅・持田駅・ソシオ流通センター駅・熊谷駅・寄居駅・長瀞駅・秩父駅・御花畑駅

  • 販売価格 1,440円 ※発券当日限り有効
  • その他  協賛施設へ切符を提示すると割引または特典が受けられます。詳しくは以下のパンフレットをご覧ください。

  パンフレット(表)(PDF:6,098KB)

  パンフレット(裏)(PDF:2,732KB)

 

「足袋のまち行田」PR動画配信スタート

 「足袋のまち行田」をPRするため動画を制作しました。画像をクリックまたは以下のリンクからご覧ください。

  

 また、当動画のDVD及びBDの貸出を行っております。貸出期間は最長で1週間です。

 希望される方は、以下の問い合わせ先にご連絡ください。

ぎょうだ動画チャンネル:https://www.youtube.com/user/GyodaCity(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境経済部商工観光課産業振興担当

電話番号:048-556-1111(内線383)

ファクス:048-553-5063