ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > 事業者ごみ > 事業系ごみの出し方

ここから本文です。

更新日:2019年10月7日

事業系ごみの出し方

事業所のごみとは

事業所のごみとは、店舗、事務所、事業所、工場等一定の施設において事業を営む方から排出されるごみのことです。

店舗付住宅の個人商店も、家庭のごみとお店のごみはきちんと分けなければなりません。

お店のごみは事業系ごみです。

詳細は、「事業所から出るごみ(一般廃棄物)の出し方」を確認してください。

事業所から出るごみ(一般廃棄物)の出し方

事業活動に伴って、事務所や店舗など事業所からから排出される廃棄物(事業ごみ)は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の規定により、事業者自らの責任において適正に処理しなければなりません。

そのため、事業系ごみ(産業廃棄物を除く一般廃棄物)を家庭系ごみとしてごみ集積所に出すことはできません。

事業系ごみの処分は、燃やせるごみは小針クリーンセンター、燃やせないごみは行田市粗大ごみ処理場へ直接搬入する方法と、行田市の一般廃棄物収集運搬許可業者に委託する方法のいずれかとなります。

事業系ごみ(粗大ごみ処理場)の手数料が改定になります(平成29年7月1日より)

市では受益者負担の適正化や負担の公平性の確保を図るため、粗大ごみ処理場の事業系ごみ処理手数料を平成29年7月1日より150円/10kgに改定することとなりました。(平成29年6月30日までは120円/10kg)

なお、小針クリーンセンターの事業系ごみ処理手数料は150円/10kg(変更なし)です。

処分の方法

  1. 自ら処理場に搬入する。
  2. 市の許可を有している収集運搬業者に収集委託をする。

令和元年度「事業系ごみ削減キャンペーン」について

令和元年6月1日~30日、10月1日~31日の期間、埼玉県と共同で「事業系ごみ削減キャンペーン」を実施します。

詳しくは下記リーフレットをご覧ください。

排出事業者向けリーフレット(PDF:428KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境経済部環境課環境業務担当

電話番号:048-556-9530

ファクス:048-553-0792