ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 妊娠・出産 > 不妊治療費助成事業

ここから本文です。

更新日:2016年6月1日

不妊治療費助成事業

 2016年7月から対象を拡大します。

 行田市不妊治療費助成事業の対象を埼玉県不妊治療費助成事業の支給が決定している方から、都道府県等不妊治療費助成事業の支給が決定してる方に拡大します。また、男性不妊治療費も含めることになりました。その他変更があります。

概要

不妊に悩む夫婦が不妊治療を受けることによる経済的負担を軽減し、治療を受ける機会を増大することにより、少子化社会対策及び次世代育成支援の推進を図ります。

対象

次の1~4をすべて満たす夫婦

1 ご夫婦の一方または双方が本市に住民登録があること。

2 都道府県、指定都市及び中核市(以下「都道府県等」)が実施する不妊治療費助成事業による助成金の支給の決定を受けていること。

3 助成を受けようとする治療について、他の市町村(指定都市及び中核市を除く。)が実施する不妊治療費助成事業による助成金を受けていないこと。

4 市税等を完納していること。

助成額

対象となる治療費から都道府県等助成事業での支給決定額を控除した額とし、夫婦1組につき1年度あたり10万円を限度に、通算で5年度まで治療費を助成します。

(他の市町村で実施する助成事業による助成は、本市における通算年数に含めます)。

申請方法

申請の際は、下記のものをご持参のうえ、保健センターへお越しください。

  • 行田市不妊治療費助成金支給申請書(PDF:104KB)
  • 都道府県等助成事業の規定による支給決定通知書の写し
  • 都道府県等が定める不妊治療の実施証明書の写し (都道府県等に提出する前にコピーしてください)
  • 治療費の領収書(都道府県等不妊治療費助成事業の支給に使用した原本)
  • 助成金の振込みを希望する申請者の銀行口座の通帳
  • 認め印(朱肉を使用するもの)

 

埼玉県不妊治療費助成事業に関し、ご不明な点は下記へお問い合わせください。

  • 加須保健所:0480-61-1216
  • 県庁健康づくり支援課母子保健担当:048-830-3561

詳細については、関連情報リンクをご覧ください。

関連情報リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部保健センター母子担当

電話番号:048-553-0053

ファクス:048-555-2551