行田市 > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 流行疾患 > 新型コロナウイルス感染症で自宅療養となった方へ

ここから本文です。

更新日:2021年10月15日

新型コロナウイルス感染症で自宅療養等となった方へ

新型コロナウイルス感染症により自宅療養等となった方を対象に、必要な支援を行っています。家庭内での注意事項と併せてご確認ください。

自宅療養中の生活を支援します

市では、令和3年8月27日から「行田市新型コロナ自宅療養支援チーム」を結成し、自宅療養者等からの申し出に基づく、食料品や日用品の調達支援等を行っていますが、自宅療養支援をさらに充実いたしました。

自宅療養中の市民の一日でも早い回復を支援し、市民の健康と安全を守っていきます。 

事業開始日

令和3年8月27日(金曜日) 

支援の内容

1.食事の提供(自宅療養ヘルプセット)のお届け【新規】

対象者

新型コロナウイルス感染症に罹患し、保健所から自宅療養を指示されている方、または濃厚接触者と保健所から判定され、自宅待機を指示された方(以下「自宅療養者等」という)で、埼玉県による配食サービスを受けていない方

支援の流れ

対象者にお電話の上、対象者のご自宅に「自宅療養ヘルプセット」※1をお届け

※1日分程度の食品(レトルト食品など)と衛生用品などをセットにしたもの。

   1回の療養期間中、1回に限り無償で配布。乳児のいる世帯へは液体ミルクも提供。 

zentai

2.ご希望に応じた日用品等の購入代行

対象者

自宅療養者等で、家族や親類等による生活支援が受けられない方

支援の流れ

① 対象者のご自宅を訪問して、購入代金をお預かり

② 日用品等を購入後、ご自宅へお届けと同時に電話でお知らせ 

3.ごみ出しの代行【新規】

対象者

自宅療養者等で、家族や親類等による生活支援が受けられない方

支援の流れ

対象者のご自宅を訪問して、ごみ出しの代行を行う 

4.療養上のお困りごとを毎日確認(パルスオキシメーターの貸し出しを含む)【拡充】

対象者

自宅療養者等

支援の流れ

県から提供された自宅療養者に関する情報等に基づき、療養等期間中は毎日、お困りごとがないか電話で確認

 

⇒体調不良の場合には、保健所や救急要請につなげる

(必要に応じて、パルスオキシメーターも貸し出し) 

協賛企業

「自宅療養ヘルプセット」の提供品として、民間企業から協力を得られることになりました。

  • エリエールペーパー株式会社 … ボックスティッシュ、トイレットペーパーなど

elleair

  • 大塚製薬株式会社 … ポカリスエット500ml

otsuka

  • 株式会社コスメグローバル … 除菌消毒液うるおいミスト 

cosme

  • コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 … いろはす555ml、麦茶600ml

cocacola

支援を受ける申し出は、新型コロナ自宅療養支援チーム専用ダイヤルへお電話ください

TEL:048-556-1116 午前8時30分~午後5時(土日祝日も実施) 

埼玉県が行っている支援

日々の健康観察

日々の健康観察について、保健所や埼玉県宿泊・自宅療養者支援センター又は地域の医療機関からの電話によって行っています。

パルスオキシメーターの貸し出し

血中酸素飽和度(SpO2)と脈拍数(PR)を簡単に測定できる「パルスオキシメーター」の貸し出しをしています。

配食サービス

療養期間中のお食事について、一定期間常温で保存可能な食品をご自宅までお届けする配食サービスを実施しています。

新型コロナウイルス感染症で自宅療養される方への配食サービス(埼玉県ホームページ)(外部サイトへリンク)

オンライン健康相談

自宅療養されている方を対象に、医師によるオンライン健康相談を実施しています。保健所を通して配布されるオンライン健康相談のチラシに従って直接お申込みください。

新型コロナウイルス感染症で自宅療養されている方へのオンライン健康相談(埼玉県ホームページ)(外部サイトへリンク)

「新型コロナウイルス感染症の患者さんのための自宅療養の手引き」

新型コロナウイルス感染症により、自宅療養されている方に向けた「自宅療養の手引き」を作成しています。自宅療養を行う上でご留意いただきたい点や健康観察の方法、配食サービス、療養の終了基準、症状悪化時の連絡先などが記載されています。

自宅療養の手引き(新型コロナウイルス感染症)(埼玉県ホームページ)(外部サイトへリンク)

家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)

家庭内での感染対策として、国が示す以下の8つのポイントに注意してください。

  • 感染者と他の同居者の部屋を可能な限り分ける
  • 感染者の世話をする人は、できるだけ限られた方(一人が望ましい)にする
  • できるだけ全員がマスクをする
  • 小まめにうがい・手洗いをする
  • 日中はできるだけ換気をする
  • 取っ手・ノブなどを共有する部分を消毒する
  • 汚れたリネン・衣服を洗濯する
  • ごみは密閉して捨てる
ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部保健センター成人担当

電話番号:048-553-0053

ファクス:048-555-2551