ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 子育て支援事業 > 母子家庭等自立支援教育訓練給付金事業

ここから本文です。

更新日:2018年4月24日

母子家庭等自立支援教育訓練給付金事業

概要

母子家庭の母及び父子家庭の父が資格や技能を身につけるための講座を受講した場合に支払った費用の一部を支給します。

利用対象者

行田市内にお住まいの母子家庭の母及び父子家庭の父で、次の全てに該当する方が利用できます。

  • 児童扶養手当の支給を受けているか、または同等の所得水準にある方
  • 当該教育訓練給付を受けることが適職に就くために必要であると認められる方

申込方法

  • 事前相談が必要です。事前相談をしないで受講した場合は、給付金は支給されません。

対象講座

  • 雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座

教育訓練給付制度では、情報処理技術者資格、簿記検定、介護職員初任者研修修了などを目指す講座など働く人の職業能力アップを支援する多彩な講座が指定されています。
指定内容は、『厚生労働大臣指定一般教育訓練講座一覧』にまとめられており、お近くのハローワークで閲覧できるほか、インターネットでもご覧になれます。http://www.kyufu.mhlw.go.jp/kensaku/T_K_kouza

支給額

  1. 雇用保険制度の「一般教育訓練給付金」の支給を受けることができない方・・・受講経費の60%(上限20万円、受講経費の60%が12,000円を超えない場合は支給しません)
  2. 雇用保険制度の「一般教育訓練給付金」の支給を受けることができる方・・・上記1の額から支給された「一般教育訓練給付金」の額を差し引いた額
  • 「一般教育訓練給付金」はハローワークより支給されるものです。

お問い合わせ

健康福祉部子ども未来課給付担当

電話番号:048-556-1111(内線262)

ファクス:048-556-3551