ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 保養施設宿泊利用共同事業(国民健康保険)

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

保養施設宿泊利用共同事業(国民健康保険)

皆様の健康保持増進を図る目的から、ホテル・旅館と保養施設利用契約をしています。

ご家族・グループなどの旅行にぜひご利用ください。

 

対象者(次の条件をすべて満たす方)

1.行田市国民健康保険に加入してから1年以上経過していて、宿泊日当日においても加入している方

2.国保税を完納している方

なお、「行田市湯ったりあったか元気倍増事業」(地域づくり支援課で行っている事業)の優待サービスを同一の宿泊日で併用することはできません。

 

利用内容

1.助成は、指定された保養施設でのみ利用可能

対象施設や料金は変更になることがあります。ご予約の際に、必ず利用の可否や料金をご確認ください。

2.助成金額は、大人(中学生以上)2000円、小人(小学生以下)は1000円

3.助成可能日数は、年度(4月1日~3月31日)内で1泊のみ

 

申込から宿泊までの流れ

1、保養施設の予約

埼玉県国民健康保険団体連合会の保養施設宿泊利用共同事業を利用する旨を、事前に保養施設へお話した上で、宿泊料金の確認と予約をしてください。

旅行会社等を通して宿泊予約された場合は、ご利用いただけません。

2、市役所・保険年金課に助成申請

必要事項を記入した申請書を保険年金課へ提出してください。記載内容を確認のうえ、利用券・助成券をお渡しします。

助成の要件を満たしていない場合や、申請書に不備がある場合など、利用券・助成券の発行ができない場合がありますのでご注意ください。

郵送による申請も可能です。記入の不備がないようご注意いただき、申請書を保険年金課にお送りください。後日、申請代表者の方へ利用券・助成券をお送りします。日数に十分な余裕をもってご申請ください。

3、宿泊日当日に、保養施設へ提出

宿泊日当日に、保養施設へ利用券・助成券を提出してください。宿泊代金の支払時に、補助金が差し引かれた金額で精算となります。

 

変更やキャンセルがあった場合

助成の申請をされてから、宿泊日までに変更やキャンセルがあった場合には、保養施設に直接連絡をするとともに、利用券・助成券の変更や回収をさせていただきますので、市役所・保険年金課窓口にもご確認ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部保険年金課国保担当

電話番号:048-556-1111(内線273)

ファクス:048-554-0199