ホーム > 防災・安全 > 防災 > 被災者支援 > 令和元年台風第19号により被災された方の国民健康保険一部負担金の免除について

ここから本文です。

更新日:2020年4月2日

令和元年台風第19号により被災された方の国民健康保険一部負担金の免除について

行田市国民健康保険では、台風第19号により被害を受けられた被保険者の方に対し、医療機関等を受診した際の窓口での支払い(一部負担金、保険外併用療養費、訪問看護療養費(以下、「一部負担金等」))を免除します。また、被災により保険証を紛失してしまった場合でも、氏名、生年月日、住所、連絡先、行田市国民健康保険に加入していることを医療機関等にお伝えいただければ、保険医療を受けることができます。

対象者

行田市国民健康保険被保険者であり、台風第19号により、次のいずれかに該当する方

 

  1. 住宅の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方
  2. 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負われた方
  3. 主たる生計維持者の行方が不明である方
  4. 主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止された方
  5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

床下浸水は免除の対象外です。

免除期間

令和元年10月12日から令和2年9月30日診療分まで

前年度、一部負担金の免除を受けていた方へ令和2年4月1日付で令和2年4月1日から令和2年9月30日までの「国民健康保険一部負担金等減免証明書」を送付しております。

申請に必要な書類

国民健康保険一部負担金等免除申請書

災害救助被災者調査に基づき作成された被災者名簿に登録された方で、床上浸水の被害を受けられた方のうち、令和元年10月12日時点で行田市国民健康保険に加入中の方に対し、11月13日に申請書を郵送しました。

申請方法

免除申請書に必要事項をご記入いただき、保険年金課に郵送または窓口に提出してください。

申請を承認後、「国民健康保険一部負担金等免除証明書」を交付いたします。

留意事項

  • 本市では、便宜上「国民健康保険一部負担金等免除証明書」を発行しております。医療機関等で受診する際には、被保険者証と一緒に窓口でご提示ください。
  • 証明書を受け取る前に医療機関を受診した場合でも、申請により一部負担金等の相当分を返還いたします。申請には領収書が必要になりますので、大切に保管してください。申請方法は保険年金課にお問い合わせください。
  • 医療機関の窓口で一部負担金等の免除をした方で、申請が不承認となった場合は、行田市から一部負担金に相当する額をお支払いいただく旨のご連絡をさせていただきます。
  • 対象者の要件に該当する方が本市に転入した場合は、罹災証明書が必要です。 また、被災内容等について、転入前の市区町村に確認させていただくことがあります。

 

お問い合わせ

健康福祉部保険年金課国保担当

電話番号:048-556-1111(内線271)

ファクス:048-554-0199