ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 介護保険 > 障害者控除認定書を発行します

ここから本文です。

更新日:2018年11月22日

障害者控除認定書を発行します

所得税及び個人住民税の障がい者控除を受ける際、65歳以上の方については、身体障害者手帳、精神障害者福祉手帳、療育手帳等の交付を受けていなくても、一定の要件に該当する場合は、障がい者控除の対象となることがあります。

この場合、市(福祉事務所)に申請を行い、障がい者控除対象者の認定を受け、所得税、市県民税申告の際に、認定書を提示していただく必要があります。

申告の対象となる年の12月31日(年の途中で死亡した場合は、死亡日)が基準日です。

対象となる方

市内在住65歳以上で、要介護1から5の要介護認定を受けている方(行田市の第1号被保険者)

身体障害者手帳(1級、2級)、精神障害者手帳(1級)、療育手帳AA(A)、A戦傷病者手帳(特別項症から第3項症)の交付を受けていない方

所得税、市県民税が課税されている方、もしくは対象の方の扶養者。

※一般の障がい者控除を受けている方については要介護認定時の状態によっては特別障がい者控除の対象となる場合がありますので、担当にお問い合わせください。

申請者

  • 要介護認定を受けている方(本人)またはその扶養者。
  • 親族(民法725条に定めるもの)
  • 本人から委任を受けた方(同意書が必要です)

持参するもの

  1. 介護保険被保険者証
  2. 印鑑(申請者の印)
  3. 申請者の身分証明書(運転免許書等)
  4. 同意書(本人及び親族以外が申請の場合)

ダウンロード

結果の通知

認定書、非認定書の発送は2週間から3週間後になります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部高齢者福祉課介護認定担当

電話番号:048-556-1111(内線269)

ファクス:048-564-3770