行田市 > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障がい者福祉 > 経済的な支援 > 行田市心身障害者(児)福祉手当

ここから本文です。

更新日:2018年1月24日

行田市心身障害者(児)福祉手当

内容

対象者・支給額等

障害の程度 施設入所 年金の状況 金額 年齢要件

身体:1~2級
療育:○A~A

入所していない

障害を事由とする年金を受給していない

月額 9,000円

平成21年12月31日以前に障害認定を受けた方(精神1級を除く)
⇒年齢の要件はありません

平成22年1月1日以降に障害認定を受けた方(精神1級を除く)
⇒障害認定時点において65歳未満であること

精神1級の方
⇒平成22年1月1日時点で精神1級かつ65歳未満である、又は
平成22年1月1日以降の障害認定時点で65歳未満であること


※受給資格認定後に65歳を超えた場合でも引き続き受給できます

障害を事由とする年金を受給している

月額 6,500円

入所している

すべて

月額 5,000円

身体:3級
療育:B
精神:1級

すべて すべて

月額 5,000円

※障害児福祉手当を受けている方は、超重症心身障害児を除いて支給の対象となりません。

超重症心身障害児とは

次の1~3の全てに当てはまる方のことをいいます。

  1. 身体障害者手帳(肢体不自由)1級または2級の方
  2. 療育手帳○A(マルA)またはAの方
  3. 人工呼吸器管理等が必要となる一部の方(詳細はお問合せください)

 所得制限

障害者(児)本人の所得によって市区町村民税が課税されている場合、所得制限に該当するため支給されません。

支給月

7月、11月、3月

 

手当をもらうには

次のものをご持参の上、福祉課障害福祉担当窓口で申請してください。 

ご持参いただくもの

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
  • 印鑑(認印)
  • 年金証書(または年金の種類が明示されているもの) ※既に年金を受給されている方のみ
  • 本人名義の通帳
  • 課税状況が確認できる証明書(課税証明書等)または、市区町村民税申告書等の市区町村民税の課税状況がわかる書類の写し
    ※1月1日時点(1月~7月に申請する場合は前年の1月1日時点)で行田市外に住民登録をしていた方のみ

 

届出・手続き

次の場合には福祉課障害福祉担当窓口でお手続きください。 

状況 ご持参いただくもの
振込先を変更したい
  • 印鑑(認印)
  • 変更後の振込先の通帳
転出する・死亡した
  • 印鑑(認印)
  • 変更後の振込先の通帳 ※未支払の手当があるときのみ
障害年金を受給するようになった
  • 印鑑(認印)
  • 年金証書(給付決定日が記載されているもの)の写し
住所や氏名が変わった
  • 印鑑(認印)

 

関連リンク

お問い合わせ

健康福祉部福祉課障害福祉担当

電話番号:048-556-1111(内線265)

ファクス:048-554-6701