ホーム > 防災・安全 > 防災 > 被災者支援 > 平成30年7月豪雨の被災地「岡山県倉敷市」に応援職員を派遣しました。

ここから本文です。

更新日:2018年8月7日

平成30年7月豪雨の被災地「岡山県倉敷市」に応援職員を派遣しました。

 行田市は、平成30年7月豪雨により被害を受けた岡山県倉敷市に対し、7月28日から8月4日までの8日間、職員1名を派遣しました。

 派遣職員は現地で罹災証明発行に係る住家被害認定調査業務に従事しました。

 8月6日には、派遣職員から工藤市長に対し、被災地における活動内容についての報告が行われました。

 

 倉敷2 災害派遣市長報告

          住家被害認定調査業務の様子       工藤市長に活動内容を報告する派遣職員

お問い合わせ

市民生活部防災安全課防災担当

電話番号:048-556-1111(内線282)

ファクス:048-556-2117