ホーム > 防災・安全 > 防災 > 防災について知る > 家族防災会議の日について

ここから本文です。

更新日:2015年8月24日

家族防災会議の日について

家族防災会議の日

 市では、家庭からはじまる新たな地域防災を推進していくため、9月第1日曜日を「家族防災会議の日」として制定しました。

 地震はいつ発生するか分かりません。「もしものとき」に備えて、家族で普段から避難場所や安否確認の方法などについて話し合いましょう。

内容

家族の避難場所や集合場所、連絡先を決めておきましょう

  • 地震が発生したらどこへ避難するのか、前もって避難場所を確認し、実際に避難場所まで歩いて道順を覚えましょう。
  • 家族が離れているときやバラバラになったとき、どこに集合するか決めておきましょう。
  • 他都道府県の親類か友人を連絡先として決めておくと、安否確認がしやすくなります。

安否確認の方法を確認しましょう

  • 避難するときは、自宅に避難先の張り紙をするなど、安否を確認するルールを家族で決めておきましょう。
  • 災害用伝言ダイヤル「171」を利用した安否確認をしましょう。
  • 携帯電話が使えなかったときのために、家族の連絡先を把握しておきましょう。

家の中の安全確認をしましょう

  • 家の中の安全な場所、危険な場所を確認しましょう。

非常用持ち出し品を確認しましょう

  • 非常用持ち出し品の置き場とその中身を確認しましょう。  

 震災時チェックシートを利用して確認しましょう 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部防災安全課防災担当

電話番号:048-556-1111(内線282)

ファクス:048-556-2117