ホーム > 暮らし > 平和 > 戦争体験談

ここから本文です。

更新日:2016年11月1日

戦争体験談

戦後70年が過ぎ、戦争体験者が減少していく中、戦争の悲惨さを後世に語り継ぎ、平和な社会を築いていくことが求められています。

行田市では、戦争の記憶を風化させないため、戦争体験談や戦時中の写真などをまとめた「戦争記録集」を発行しました。

今後も引き続き、戦争を体験された方の体験談や戦時中の写真、物品等を募集し、随時戦争記録集として冊子にまとめさせていただく予定です。

 

また、毎年8月の平和月間には、戦争体験談の講話を始め、平和について考えるさまざまなイベントを開催しています。

多くの市民の方に戦争体験談をお話いただける語りべとして登録していただける方も随時募集しています。

 

戦争体験談及び写真や物品の提供

 

<戦争体験談>

戦争を体験された方が実際に見たもの、聞いたこと、感じたことをまとめた体験談を募集します。

 

体験談は、原稿用紙などにまとめていただき、持参または郵送でご提供ください。

電子データでまとめていただく場合は、下記担当までお電話にてご連絡ください。

 

また、文書にまとめることが困難な場合には、担当職員がご自宅を訪問し、聞き取りにて文書にすることも可能です。

聞き取りを希望される場合は、体験談の概要及びご自宅に訪問させていただく日程の希望をお電話にて御連絡ください。

担当職員がご自宅を訪問し、体験談を録音の上、文書にまとめさせていただきます。

  

<戦時中の写真や物品>

戦時中の写真や物品の提供も併せて募集します。

写真は撮られた場所や内容が分かるようにしていただき、持参または郵送でご提供ください。

物品は、名称及び戦時中にどのような役割を果たしていたものなのかを分かるようにしていただき、持参にてご提供ください。

写真や物品は原則返却いたしません。返却を希望される場合は、その旨を併せてご連絡ください。

 

戦争体験談の語りべ登録者募集

住所、氏名、電話番号、お話いただける内容を明記の上、郵送またはFAXにてご応募ください。お電話にてご連絡いただいても結構です。

なお、戦争体験談の講話をお願いする場合は、担当職員より直接お電話にてご連絡させていただきます。

 

(郵送先)

〒361-8601行田市本丸2-5

地域づくり支援課くらし安心担当宛て

お問い合わせ

市民生活部地域づくり支援課くらし安心担当

電話番号:048-556-1111(内線252)

ファクス:048-556-3083