ホーム > 暮らし > 交通 > 市内循環バス

ここから本文です。

更新日:2016年5月12日

市内循環バス

行田市では、市内の公共施設や観光スポットを結ぶ市内循環バスを運行しています。

広く市民、観光客の方に愛される市内循環バス。どうぞご利用ください。

車イスをご利用のお客様につきましては、運転士がお手伝いさせていただきます。

 

新しい時刻表「ぐるっと便利帳」ができました

市内循環バスの時刻表を新しくしました。観光スポットなども盛り込んだ内容になっております。

市役所、地域公民館、各観光施設等に置いてありますので、是非ご活用ください。

下記からデータ取得出来ます。

 

路線図

車両側面及び電光掲示板にて路線名を表示しておりますので、ご利用の際にご確認ください。

また、民間路線バスとの混同に、ご注意ください。

 

時刻表

・・・主な停留所:JR行田駅、行田市駅、行田病院前、水城公園、商工センター、保健センター、古代蓮の里、埼玉古墳公園前、教育文化センター前

 

・・・主な停留所:忍城・郷土博物館前、持田駅入口、太井公民館、JR行田駅前、行田病院前、水城公園

 

・・・主な停留所:JR行田駅、行田病院前、工業団地、警察署前

 

・・・主な停留所:商工センター、行田市駅、保健センター、若小玉郵便局前、地域文化センター、

太田公民館、埼玉小学校前、かがやき共同作業所前、野文化センター入口、下忍小学校入口

 

・・・主な停留所:東小学校前、長野保育園前、行田中央病院前、東行田駅前、桜ヶ丘小学校前、

緑風苑前、須加公民館前、老人福祉センター、総合福祉会館(やすらぎ)、まきば園入口、総合公園、星河公民館、行田税務署、行田市駅

 

・・・主な停留所:行田市駅前、総合公園、行田保育園前、総合公園、老人福祉センター、

総合福祉会館(やすらぎ)、北河原小学校前、南河原公民館入口、南河原老人福祉センター、岡田医院入口、南河原支所前、福祉の里おきな

 

下記のサイトで循環バスの経路探索ができます。是非ご利用ください。

 

行田市観光ルートのご案内

市内循環バスの観光拠点循環コースを利用し、行田市内の観光スポットをめぐるモデルルートをご案内いたします。

是非ご利用ください。

 

平成25年7月1日から新たに「岡田医院入口」停留所を設置しました

平成25年7月1日に「北西循環コース」上に新たに「岡田医院入口」停留所を設置し運行を開始いたしました。

どうぞご利用ください。詳細につきましては、下記のリンクをご覧ください。

 

平成24年4月から一部の路線を延長し、新たに停留所を設置しました

詳細については、次をご確認ください。

 

市内循環バスの有料広告を募集しております

市内循環バスでは、車内、車外及び車内放送広告の広告主を募集中です。

【規格】

  • 車内広告:縦297mm×横420mm(A3サイズ)の紙に印刷又は描写したもの
  • 車外広告:縦594mm×横841mm(A1サイズ)のラッピングフィルム等の剥離可能な屋外用シールに広告デザインを施したもの
  • 車内広告放送:広告主が指定する停留所1ヶ所でバスの通過1回につき、30字以内で放送するもの

【広告掲出料】

  • 車内広告:1枚月1,000円
  • 車外広告:1枚月6,000円
  • 車内広告放送:停留所1ヶ所でバス通過ごとに1回月1,000円

【その他】

  • 広告の製作費は広告主の負担となります。

 

運行事業者

  • 西循環・北西循環・南大通り線コース・・・朝日自動車株式会社加須営業所TEL0480-61-7330
  • 東循環・北東循環・・・株式会社協同観光バスTEL048-554-2255
  • 観光拠点循環・・・株式会社大堰観光バスTEL048-557-1400

 

運行日

  • 毎日運行(1月1日~3日および12月29日~31日を除きます)

 

便数

  • 北西循環、東循環、北東循環、観光拠点循環については、左回り、右回り各4便ずつ計8便運行します。
  • 西循環コースについては、左回り11便、右回り9便の計20便運行します。
  • 南大通り線コースについては、JR行田駅ゆき、工業団地ゆきとも各20便ずつ計40便運行します。

 

運賃

  • 1回100円(未就学児、障害のある方(障害者手帳を提示してください)、障害のある方1人につき介助する方1人は無料となります)

PASMO、Suica等の使用はできません。

 

回数券

3種類のお得な回数券を販売しております。購入を希望される方は運転士にお声掛けください。

  • 1000円(100円券×11枚綴り)
  • 3000円(100円券×34枚綴り)
  • 5000円(100円券×59枚綴り)

 

乗継券

異なる2コースを利用して目的地に向かう場合、最初のバスを降りる際に、運賃と一緒に乗り継ぎすることを運転士に申し出ていただくと乗継券をお渡しします。この乗継券は当日のみ有効で、同一コースの往復には使用できません。

 

利用方法

例:「JR行田駅前」(西循環コース)から乗車し、「行田市バスターミナル」を経由して「総合公園」(北西循環コース)へ向かう場合

  1. 「JR行田駅前」から乗車し、「行田市バスターミナル」で降りる際に、100円を支払うと同時に運転士に「乗り継ぎます」と申し出てください。運転士が乗継券をお渡しします。
  2. 「行田市バスターミナル」で北西循環コースに乗り換え、「総合公園」で降りる際に、渡された乗継券を運転士に渡してください。

 

市内循環バス無料乗車証

未就学児は申し出により、障害のある方は障害者手帳を提示していただくことにより運賃が無料になります。

また、障害のある方については、あらかじめ市内循環バス無料乗車証の発行をしています。

希望される方は、申請書に必要事項を記入し、障害者手帳の写しと顔写真(縦3cm×横2.4cm)1枚を添えて地域づくり支援課に申請してください。

 

次期地域公共交通実証実験について

実証実験は平成25年11月30日をもって終了しました。今後はこの実験結果をさまざまな角度から分析・検討し、より良い交通体系の構築を進めて参ります。

ご協力ありがとうございました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部地域づくり支援課くらし安心担当

電話番号:048-556-1111(内線252)

ファクス:048-556-3083