ホーム > 市政情報 > 情報政策 > 通知カードの再交付について

ここから本文です。

更新日:2016年9月20日

通知カードの再交付について

通知カード再交付申請

通知カードの交付を受けた方で、通知カードを紛失、損傷、返納または追記欄の余白が無くなった方については、通知カードの再交付が可能な場合があります。

 通知カード

次の事由に該当される場合は通知カードの再交付が可能です。

なお、代理人の方(ご本人以外の方)が手続される場合は、下表の必要な書類に加え、代理人の方の本人確認書類及び代理権を証明する書類が必要です。

再交付事由

必要な書類
(ご本人が手続される場合)

手数料

通知カードの紛失、焼失または盗難

・通知カード再交付申請書
・本人確認書類               ・通知カード紛失届
・遺失届を届け出た警察署及びその連絡先並びに遺失届受理番号が確認できる書類、罹災証明書、その他紛失の経緯を記載した書類

500円

通知カードの著しい損傷 ・通知カード再交付申請書
・本人確認書類
・損傷した通知カード

500円

住民基本台帳法の適用を受けない者となり通知カードを返納したため ・通知カード再交付申請書
・本人確認書類

500円

住民票の消除(国内転出、死亡又は日本国籍の取得もしくは喪失の場合を除く)により通知カードを返納したため ・通知カード再交付申請書
・本人確認書類

500円

通知カードの交付もしくは追記欄等の変更が行政等の錯誤過失によってされ、通知カードを返納したため ・通知カード再交付申請書
・本人確認書類

無料

国外転出により通知カードを返納した後、国外から転入したため ・通知カード再交付申請書
・本人確認書類
・通知カード

無料

通知カードの追記欄の余白がなくなったため ・通知カード再交付申請書
・本人確認書類
・通知カード

無料

※上記理由に当てはまらない場合はお問合せください。

「通知カード再交付申請書」、「通知カード紛失届」の様式は窓口や下記のリンクからダウンロードしていただけます。

通知カード再交付申請書(PDF:126KB)

(記入例)通知カード再交付申請書(PDF:148KB)

通知カード紛失届(PDF:109KB)

本人確認書類および代理権を証明する書類の詳細

原本かつ有効期間内の書類をご用意ください

1  ご本人及び代理人の方の本人確認書類の例

(1)運転免許証、旅券、写真付き住民基本台帳カード、身体障害者手帳、在留カード等、官公署から発行・発給された書類等であり、氏名及び生年月日又は住所が記載され、かつ、写真の表示があるものは1点

(2)健康保険被保険者証、介護被保険者証、各種年金証書、生活保護受給証明書、社員証、学生証等、氏名及び生年月日又は住所が記載されたものは2点

2 代理権を証明する書類の例

(1)法定代理人の方の場合:登記事項証明書、審判書等(成年被後見人の方の代理)又はご本人の戸籍謄本(15歳未満の方の代理。ご本人の本籍地が行田市の場合又はご本人と代理人の方が同一世帯かつ親子関係の場合は不要です。)

(2)任意代理人の方の場合:委任状(委任状の様式は窓口や下記のリンクからダウンロードしていただけます。)

委任状(PDF:94KB)

(記入例)委任状(PDF:120KB)

 通知カード再交付申請の取り扱い窓口と受付時間

行田市役所 市民課

月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(祝休日・12月29日~1月3日を除く)

その他通知カードの再交付に関すること

「通知カード再交付申請書」の提出後、住民票のご住所に通知カードを簡易書留・転送不要にて送付いたします。そのため、転送設定をしている場合であっても転送されませんのでご注意ください。


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部市民課個人番号担当

電話番号:048-556-1111(内線247)

ファクス:048-554-0199