ホーム > 暮らし > 手続き・証明 > 自動車臨時運行許可(仮ナンバー)

ここから本文です。

更新日:2015年9月1日

自動車臨時運行許可(仮ナンバー)

概要

車検の切れている自動車(251CC以上の自動二輪も含む)を車検場に持っていくなど、公道を臨時的に走らせるために必要な許可を受けるための制度

サービス内容

自動車(251CC以上の自動二輪も含む)が道路を運行するには、登録・検査を受け、有効な自動車検査証の交付を受けていることが必要です。仮ナンバーは、登録・検査を受けるための運輸支局等までの回送などで、自動車が臨時に道路を運行するために貸出をしているものです。

 

貸出の対象となる目的

  • 試運転
  • 陸運支局等へ検査、登録に行くための回送(再封印、ナンバー再交付)
  • 検査、登録を受けることを前提とする回送
  • 自動車の販売を業とする者が行う回送
  • 制作を業とする者が行う回送
  • その他(廃棄処分、自動車の輸出等)

 

検査、登録を受けることを前提とせず、単に移動させるためだけの場合や登録する意思のない自動車(保有や展示を目的としたもの、試乗)等は許可できません。

 

貸し出し条件・確認事項等

申請年月日

申請の受付は仮ナンバーの使用日の当日もしくは前日です。ただし、使用日の前日が区役所の閉庁日の場合等には、その前日の開庁日の受付となります

許可期間

最長5日間を限度として必要最小日数

返納

有効期間満了後5日以内に臨時運行許可証、番号標(仮ナンバー)の2点を返却してください

紛失・き損

窓口で亡失・き損届等を提出していただきます。なお、番号標を亡失した場合は、警察署へ紛失届けを提出していただきます。

罰則

期日までに返却しない場合、道路運送車両法第35条第6号に違反した者として、同第108条により、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられることがあります。

 

備考

許可を受けることができるのは、目的地までの最短距離において、申請した区が出発地・経由地・目的地のどれかに該当する場合のみとなります。

根拠となる法令等

道路運送車両法
道路運送車両法施行規則
自動車損害賠償保障法

代理の可否/補足説明

  • 申請者が法人の場合には、代表者印と、使者(申請に来た人)の印が必要になります。
  • 申請者が個人でかつ使者が申請者と同一人物でない場合には、申請者と、使者の印が必要になります。

届出に必要なもの

自動車損害賠償
責任保険(共済)証

原本をお持ちください

※仮ナンバーで運行するとき保険期間があるもの

自動車を確認
するための書類

(コピー可)

 自動車検査証

登録識別情報等通知書

譲渡証明書

自動車通関証明書

自動車予備検査証

完成検査終了証

自動車検査証返納証明書  など

自動車登録番号標領置証明書

※自動車の同一性を確認できる書類が必要です。

申請者を確認
できるもの

  • 運転免許証
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 在留カード など

印鑑

申請が個人の場合 個人印

申請が法人の場合 代表者印

手数料

750円

 

申請書ダウンロード

自動車臨時運行許可申請書(PDF:74KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部市民課市民担当

電話番号:048-556-1111(内線242)

ファクス:048-550-1241