ホーム > 暮らし > 手続き・証明 > 令和3年1月から「住民票の写し」や「印鑑証明」などのコンビニ交付サービスを開始します

ここから本文です。

更新日:2020年7月8日

令和3年1月から「住民票の写し」や「印鑑証明」などのコンビニ交付サービスを開始します

 市では、令和3年1月からマイナンバーカード(個人番号カード)を利用して、住民票の写しや印鑑登録証明書などを全国のコンビニエンスストアなどのキオスク端末(マルチコピー機)で取得できるコンビニ交付サービスを開始します。

 

   co1img    co2img

簡単便利

 窓口での請求書などの記入が不要で、待つことなく利用できます。

いつでも

  夜間や休日など急に証明書が必要になった場合でも取得できます。

 【利用可能な時間帯】

  午前6時30分~午後11時

 ただし、戸籍謄本抄本及び戸籍の附票の写しは、平日の午前9時~午後5時。

 ※年末年始、メンテナンスを除く。

 

どこでも

 全国のコンビニエンスストアやキオスク端末が設置されているスーパーマーケットなどで利用できます。

 ※一部利用できない店舗があります。

 

取得できる証明書

  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 所得課税証明書
  • 戸籍謄本抄本(市外に住所のある方は事前登録が必要です)
  • 戸籍の附票の写し(市外に住所のある方は事前登録が必要です) 

手数料

 窓口で発行する場合と同額です。

  • 住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍の附票の写し、所得課税証明書は1通200円 
  • 戸籍謄本抄本は1通450円

 

サービス利用時の注意事項

  • マイナンバーカードと有効な利用者証明用電子証明書が必要になります。
  • 利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)を3回連続で間違えた場合、ロックがかかってしまい、利用できなくなります。 ロックの解除や暗証番号を忘れた方は、本人がマイナンバーカードを持参し、平日に市民課で暗証番号の再設定を行ってください。
  • 住民基本台帳カードや通知カードでは利用できません。
  • 戸籍の届け出や市・県民税額の更正などがある場合、反映されるまで一部の証明書が取得できない場合があります。

 

マイナンバーカードを取得しよう

 コンビニ交付サービスを利用するには、マイナンバーカードが必要になります。

 申請いただいてから受け取りまで約1ヵ月半かかります。

 マイナンバーカードの申請方法など詳しくは、下記のリンクをご覧ください。

 【マイナンバーカード総合サイト】

https://www.kojinbango-card.go.jp/(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

市民生活部市民課市民担当

電話番号:048-556-1111(内線242)

ファクス:048-554-0199